日比野 克彦 

Katsuhiko HIBINO

 

1958年岐阜市生まれ。1984年東京藝術大学大学院修了。1982年日本グラフィック展大賞受賞。平成27 年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)。地域性を生かしたアート活動を展開。「明後日新聞社 文化事業部/明後日朝顔」(2003~現在)「アジア代表」(2006年~現在)「瀬戸内海底探査船美術館」 (2010年~現在)「種は船航海プロジェクト」(2012年~現在)等。2014年より異なる背景を持った人たちの交流をはかるアートプログラム「TURN」を監修。現在、東京藝術大学美術学部長、先端芸術表現科教授。岐阜県美術館長、日本サッカー協会社会貢献委員会委員長、東京都芸術文化評議会 専門委員、公益財団法人 日本交通文化協会理事を務める。 

 

【 受 賞 歴 】

第1回デザイン賞(東京藝術大学卒業制作展/1982年)

第3回日本グラフィック展大賞1982年)

第1回日本イラストレーション展グランプリ1983年)

30回東京アートディレクターズクラブADC賞最高賞1983年)

毎日デザイン賞グランプリ1999年)

文化庁 平成27年(第66回)度芸術選奨 芸術振興部門  文部科学大臣賞 受賞(2015年)

 

【 主な役職 】

東京藝術大学美術学部学部長(2017年〜)

東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授(2007年〜)

岐阜県美術館 館長(2015年〜)

公益財団法人日本サッカー協会 社会貢献委員会委員長(2017年~)

東京芸術文化評議会  評議員2013年~)

東京芸術文化評議会アール・ブリュット検討部会 座長(2015年〜)

 

Profile

HIBINO KATSUHIKO

Artist, Dean of Faculty of Fine Arts and Professor at Intermedia Art Department, Tokyo University of the Arts.

A director of the the Museum of Fine Arts, Gifu.

 

HIBINO was born in 1958 in Gifu Prefecture.

He graduated with a Master of Fine Arts from the Tokyo University of the Arts.

He conducts collaborative projects with people in local areas, pursuing systems by which art can be made to function in society.

His art projects tend to throw the spotlight on the strengths of their viewers. Major art projects include the “Day After Tomorrow Morning Glory Project,” “Project for the Museum of Seabed Inquiry Ship” and “the ASIA DAIHYO Project.”  "TURN".

 

【Award】

1982 The Grand Prix, the 3rd Japan Graphics Exhibition

1983 The Grand Prix, the 30th Tokyo Art Directors Club Award

1999 Akaoni (Red Devil),” stage art and costume Yomiuri Theatrical Performance Grand Prix for the Play, costumes

1999 Pandora's Bell (by Hideki Noda) Yomiuri Theatrical Performance Grand Prix for the Play, costumes

2000 Movie “Shojo (A Girl),” art director The Grand Prix of Mainichi Design Award '99

2015 The Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology Award at Japan's Art Encouragement Prize