MATCH FLAG PROJECT

ー  サッカーは文化だ。サッカーはアートだ。ー

『MATCH FLAG PROJECT』とは、日本と対戦する双方の国/地域のことを想い描きながら両チームの選手たちがピッチ上で会い交えるように二つのナショナルフラッグを一枚の布の上で一つにしてサポーターの試合当日への想いをかたちにしていくプロジェクトです。

サッカーは、国・地域の思考性、身体性が最も反映されるスポーツであり、サッカーは、地域文化の身体表現でもあります。

『MATCH FLAG PROJECT』は文化芸術の面からのサッカーとのふれあいの場を創造し、より魅力あるサッカー文化の形成を目指します。

MATCH FLAG PROJECT リーダー 日比野 克彦


<2010年 MATCH FLAG PROJECT>

<2014年 MATCH FLAG PROJECT>

家島、喜多方、岐阜、熊本、高知、国立、三豊、鹿児島、浦和、水戸

<2014年 アジア代表日本にて作成→W杯会場へ>