≫

HIBINO CUP

「HIBINO CUP」は、日比野克彦の発案による”工作ワークショップとスポーツの融合した市民参加型”イベントです。

2005年に水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催した個展「HIBINO EXPO 2005 日比野克彦の一人万博」の関連企画として始まりました。参加者はゴールとボール、ユニフォームの制作、オリジナル・ルールでミニサッカーの試合と、工作とスポーツという二つの面で競い合います。

“HIBINO CUP” is an art project in a workshop format that is combined with art workshops and sports. It began since 2005 with an exhibition "HIBINO EXPO 2005: Katsuhiko HIBINO's One-man Exposition” at Art Tower Mito. Participants make their ball and uniform and play soccer. They compete in both art and sport.