明後日新聞社文化事業部

あしたのその次を思い描く『明後日新聞文化事業部』は、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003」において、アーティスト日比野克彦を社主として、新潟県東頸城郡松代町莇平(現在の十日町市莇平)の廃校を本社に発足しました。

約20戸の集落の住民たちと朝顔を育てたことから始まった『明後日新聞社文化事業部』は、トリエンナーレ期間外にも朝顔の育成、月一回の新聞発行、号外発行を行なっています。それに加え、収穫祭や小正月などの集落行事の参加を通して、集落の方々と1年を通して交流を行なっています。

また莇平演劇祭など集落を舞台として、若い学生やアーティストで作る大掛かりな演劇祭も夏の恒例行事となっています。

そのような継続的な交流の末、2017年には『明後日新聞社文化事業部』は設立15周年を迎えました。

 “ASATTE ASAGAO cultural division” which is a one of HIBINO’s project based in an abolished school in Azamihira, Matsudai, Niigata when Echigo Tsumari art triennale 2003 by HIBINO that lets us imagin tomorrow beyond tomorrow.

We make relationships with the local people through a once a month newspaper based on the village, by participating in the village events and by holding workshops every time, even in seasons other than the triennale.

Then we attempt to grow morning glory together since it was the beginning of the project.

The seeds of morning glory start making big networks to connect people and people, people and another community. The seeds are then sent throughout Japan.

In 2017, “ASATTE ASAGAO cultural division” celebrated the 15th anniversary of its establishment.