≪      ≫

射手座、魚座造船所 

 

山の中に海への憧れのイメージを住民の方でつくる

(2007, 2014年) 

 射手座造船所は、日比野克彦氏と徳島県傍示地区の住民が制作 した作品で、それは山の中の造船所。 「私たちはその昔、海の向こうからやってきた。 山の中からは 海の向こうは遥か彼方のそのまた向こう。遠くになればなるほ ど、ここではない向こうへ想いは馳せていく。 想いがあれば身 体は動きだす。イ ージがあるから行動できる。行き先は頭上 に輝く星座が教えてくれる。山の中から遥か彼方へと、想いは 形になっていく。」

というコンセプトのもと制作された。
魚座造船所は、北秋田浦谷で制作された。

“ITEZA UOZA SHIP YARD” is a ship yard in a mountain made by HIBINO with citizens in Houji area, Osaka.

The project follows the concept “Long time ago, we came to Japan across the sea. Far away from mountains and beyond the seas. The more distant we are, the more distant we are able to dream forward and connect with other areas. Our body moves if we have a heart. We are able to do act if we have an image. Shiny asterism above our head tells us our destination.